静かで心地よい暮らし|一戸建てを建てたいなら駅近物件を見てみよう
インテリア

一戸建てを建てたいなら駅近物件を見てみよう

このエントリーをはてなブックマークに追加

静かで心地よい暮らし

つみき

住宅のプロのノウハウ

住宅の住み心地を左右するものの一つに断熱材があります。適切な断熱材は住宅の熱効率を高め、遮音性も向上させます。そのため川西では、冬あたたかく夏すずしい住環境が実現し、静かで落ち着いた空間が生まれるのです。断熱材にはいくつかの種類があり、との断熱材をどの部分に、どれだけ施すかによって、住み心地が変わります。川西の住宅メーカーは、独自に研究を重ね、一戸建ての住み心地の良さについてのノウハウも蓄積しています。そのため川西の一戸建ては、それぞれの断熱材の特徴を踏まえて適正使用部位に使用されています。吸湿性に優れている断熱材や防火性に優れている断熱材、固い断熱材や柔らかい断熱材などそれぞれのメリットを把握し、一戸建ての屋根や外壁、床下などに用いています。

音の問題を解決

川西の一戸建ては、外からの音を遮断する構造を持っています。そのため、外で発生している車の音や工事の音などの雑音がほとんど気になりません。住宅に侵入する音は、開口部である窓から侵入します。窓をどのくらいの広さでどこにとるか、ガラスをどのような素材にするかによって雑音の聞こえ方が変わってきます。気密性の優れたサッシにすれば遮音性が高まるので、おすすめです。理想的なのは二重サッシで、高い遮音性を誇ります。窓の機密性が高まると音の問題が解決するだけでなく、熱効率が非常に良くなり、光熱費の節約にもなります。適切な断熱材は、住宅内から発生する音も遮断することができます。たとえば一戸建ての水回り配管から発生する音は、配水管の周りに遮音シートを巻き付けることによって解決できます。